• 設備のご紹介
  • よくあるご質問
  • ステンレス加工用語集
お問合せ先・見積依頼
株式会社フルツ
TEL:06-6555-3216
〒551-0021
大阪市大正区南恩加島4-4-46
FAX:06-6555-3217
Mail : info@furutsu.co.jp
お問合せ・見積依頼

ステンレス加工用語集

用語 説明
応力 単位面積当たりの、材料にかかる力のこと。
応力除去焼鈍 鋳造、焼入れ、溶接、塑性加工、機械加工などによる残留応力を除去する為の熱処理のこと。
応力腐食割れ 特定の腐食環境下において引張応力がかかると割れを起こす現象のこと。ステンレスは塩素イオンなどの影響で応力腐食割れが発生する場合がある。対策として、応力除去焼鈍や表面処理などがある。「時期割れ」「置き割れ」ともいう。
時期割れ 特定の腐食環境下において発生した場合は「応力腐食割れ」といい、それ以外の場合は、「時期割れ 」ということもある。
「応力腐食割れ」「置き割れ」ともいう。
⇒応力腐食割れ
絞り加工 アルミ缶や鍋のように底のある容器を平版から容器状の製品を成形する加工法。
ステンレスの種類 ステンレスは「12%以上のCr(クロム)を含む鉄の合金鋼」です。
Cr(クロム)は鉄よりも酸素と結びつきやすいという特徴があります。鉄に12%以上のCr(クロム)を含ませると、鉄が酸化するよりも先にCr(クロム)が酸化し、表面全体に酸化クロムの膜ができ、酸素を通さないので酸化鉄(錆び)の発生を防ぎます。
ステンレスはSUSという記号で表され、オーステナイト系、フェライト系、マルテンサイト系、析出硬化系の4つに分類されています。
スリーブ 絞り加工時に材料をフランジと挟んで加圧し、しわの発生を防止するための型部品。「しわ押え」ともいう。
TIG溶接
(てぃぐようせつ)
TIG溶接のTIGとは「Tungsten Inert Gas」の略。非消耗のタングステン電極と母材との間に電流でアークを発生させその熱で母材及び溶接棒を溶かして接合する方法。溶接部をシールドガス(アルゴンやヘリウムなどの不活性ガス)で保護して行う。 アルゴンを使う場合は「アルゴン溶接」ともいう。
ひずみ 変形した物体の変形量を表す度合い。
腐食 金属が置かれた環境と相互作用によって変化し、化学的あるいは電気化学的に損傷、消耗、劣化していくこと。

ステンレス加工のことならお気軽にお問合せください。

〒551-0021 大阪市大正区南恩加島4丁目4番46号

info@furutsu.co.jp

お問合せ・見積依頼

このページの先頭に戻る
| プライバシーポリシー | リンク集 | お問合せ・見積依頼 |